ご利用規約
Term

【サービスについて】
・ UQ chem は、様々な機能を持つ製品の提供者と化学品を探す利用者の間を取り持つサービスで、化学業界の横のつながり強化や、開発製品の他業種・分野への展開を目的としています。
・ サービス提供母体は三洋化成工業株式会社 (Sanyo Chemical Industries, Ltd.)です。
・ 利用者は様々な機能を持った化学品の動画を検索し、活用したい技術があれば画面から出展者に対して「マッチング」を申請できます(以降は当事者間で話を進めていただきます)。
・ 必要に応じて、Uqchem担当の専門知識を持ったコンサルタントとの事前相談や、出展者を交えての3社面談にも対応いたします。
・ なお製品そのものの機能にフォーカスしていただくため、本サイトでは出展者名や製品名は開示していません。

【利用規約】
三洋化成工業株式会社(以下、「運営会社」といいます)が本Webサイトにより提供するサービスの利用規約(以下、「本規約」といいます)は次のとおりとします。

第1条(定義)
本規約において使用される各用語の定義は、以下の各号に定めるとおりとします。
1. UQ chem
様々な機能を持つ化学品や化学品製造設備など(以下、「化学品等」といいます)の提供企業と化学品等を 探す企業のマッチングを目的とした、運営会社が提供するBtoBプラットフォーム。
2. 本サービス
UQ chemの利用登録を行うことで受けられるWebサイト内外のサービス。内容の概要は第2条で規定します。
3. 出展企業
顧客企業とのマッチングを目的とした、UQ chem上に化学品等の出展を行う企業。
4. 顧客企業
自社の求める化学品等を取り扱う出展企業とのマッチングを希望する企業。

第2条(本サービスの内容)
運営会社は、出展企業及び顧客企業に以下のサービスを含む各種サービスを提供します。
1. 出展企業に対するサービス
(1) 出展企業の化学品等の情報や、その紹介動画をUQ chem上で掲載します。
(2) 顧客企業からの面談希望を受け、顧客企業との面談のセッティング等の仲介を行います。
(3) 面談に同席するなど、顧客企業との取引成立に向けてアドバイスを行います。
2. 顧客企業に対するサービス
(1) 出展されている各化学品等についての問い合わせに対し、出展企業の回答をお伝えします。
(2) 顧客企業からの面談希望に対し、出展企業との面談のセッティング等の仲介を行います。
(3) 動画・資料を用いた化学品等の情報の提供を、メールマガジンの配信等により行います。

第3条(利用登録)
1. UQ chemを利用するにあたっては、利用登録を行う必要があります。 (以下、出展企業として利用登録を希望するものを「出展登録希望企業」、顧客企業としての利用登録を 希望するものを「顧客登録希望企業」といい、併せて「利用登録希望企業」といいます) なお、出展企業としての利用登録は同一企業につき1回のみ行えます。
2. 出展企業として登録を行うには、本規約に同意の上、出展登録希望企業がUQ chem上の該当ページから申請を行います。 当該申請に対し、運営会社が第4項の拒絶事由の有無等について審査します。審査にあたり、 運営会社指定の資料の提供を求めることがありますので、その場合は速やかご提出ください。 審査期間の目安は、申請後運営会社の10営業日です。 当該審査を通過後、出展登録希望企業と運営会社間で別途本サービス利用にあたっての契約を締結します。 当該契約の締結後、運営会社が出展登録希望企業にIDを付与することで利用登録が完了します。
3. 顧客企業としての利用登録につきましては無料です。登録を行うには、本規約に同意の上、 顧客登録希望企業がUQ chem上の該当ページから申請を行います。 当該申請に対し、運営会社が第4項の拒絶事由の有無等について審査し、 当該審査を通過後、運営会社が顧客登録希望企業にIDを付与することで利用登録が完了します。
4.各利用登録希望企業の申請に対し、運営会社が登録を拒絶する事由は以下の各号のとおりです。 その場合、運営会社は拒絶理由を利用登録希望企業に説明する義務を負いません。
(1) 利用登録希望企業が申請した際に記入した情報に、虚偽の情報、誤記又は記入もれがあった場合
(2) 記入された情報のうち、メールアドレスがフリーアドレス等企業ドメイン以外のものである場合
(3) 利用登録希望企業が日本法人でない場合
(4) 出展登録希望企業が、既に出展企業として利用登録されている場合
(5) 利用登録希望企業が、過去に本規約の違反等により利用登録を拒絶及び取り消されたことがある場合
(6) 利用登録希望企業並びにその役員及び主たる株主が反社会的勢力等(暴力団、反社会的勢力、反社会的勢力、 その他これに準ずる者。以下同じ)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、 運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは 関与を行っていると認められる場合
(7) 利用登録希望企業が、各法令に違反する企業である場合
(8) その他本サービスの運営に支障を与え、第三者又は運営会社の権利・利益を害するおそれがあるなど、 利用登録希望企業の登録が適当でないと認められる場合

第4条(ID・パスワードの管理)
1. 出展企業及び顧客企業は、自己の責任においてID及び自身で設定したパスワードを適切に管理しなければなりません。
2. 出展企業及び顧客企業は、ID及びパスワードを第三者に譲渡・貸与・共用してはいけません。 ID及びパスワードの一致によりログインが為された場合、出展企業及び顧客企業自身によるログインが為され、 本サービスを利用したとみなします。
3. 運営会社は、ID及びパスワードが第三者利用されたことによる損害の責任は負いません。
4.ID及びパスワードが漏えいした若しくは紛失した又はそれらのおそれのある場合、出展企業及び顧客企業は、 運営会社に対し、直ちに通知しなければなりません。運営会社が認めた場合、IDの再発行ができます。

第5条(登録情報の変更)
1. 出展企業及び顧客企業は、利用登録の際に運営会社に提供した情報に変更が生じた場合、 速やかに運営会社に変更内容を通知しなければなりません。
2. 前項の通知を行わなかったことにより、出展企業及び顧客企業が被った損害については、 運営会社は一切責任を負いません。

第6条(通知)
運営会社が出展企業及び顧客企業に通知を行う場合、出展企業及び顧客企業が登録している最新の情報に基づき 通知を行えば、当該通知は有効に行われたものとみなします。

第7条(禁止事項)
1. 出展企業及び顧客企業は、UQ chemの利用にあたり、次の各号で定める行為を行ってはいけません。
(1) 以下の内容を含む情報をUQ chem上に掲載する、又はしようとする行為
a) 虚偽又は不正確な情報。
b) 著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、名誉等の第三者の権利を侵害する内容を含む情報。
c) 他人のプライバシーに係る事項を含む情報。
d) 公職選挙運動、特定の思想・宗教への勧誘、又はそれらに類する内容を含む情報。
e) 性的又は猥褻な内容を含む情報。
f) 児童や青少年の健全な育成を阻害する内容を含む情報。
g) 法令、公序良俗に反する内容を含む情報。
h) 差別的表現を含む情報。
i) 特定の企業、法人、団体、地域、個人に対しての不適切な表現(名誉棄損、侮辱にあたるもの等)が含まれている情報。
j) その他、他の出展企業及び顧客企業にとって迷惑となるおそれのある情報。
k) その他、UQ chemの趣旨に反すると運営会社が判断する情報。
(2) 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他人の権利を侵害する行為
(3) 個人や団体を誹謗中傷する行為
(4) 法令、公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為
(5) UQ chemの運営を妨げる行為
2. 展企業及び顧客企業がUQ chemに掲載しようとする情報は、原則自身が著作権その他一切の権利を有する コンテンツに限るものとします。出展企業及び顧客企業は、第三者の権利が含まれるコンテンツの掲載を 当該権利者の事前の承諾を得ずに掲載してはいけません。

第8条(本サービスの変更・中断・終了)
1. 運営会社は必要に応じて、UQ chemに新しいサービスを追加したり、既存サービスの内容を変更したりすることがあり、 出展企業及び顧客企業はそれらを予め承諾した上でUQ chemを利用するものとします。
2. 運営会社は1か月の予告期間をもって出展企業及び顧客企業に UQ chem 上で告知した上で、 任意の理由でUQ chem又は本サービスの全部又は一部の提供を長期的に中断もしくは終了することができます。 ただし、やむを得ない事情がある場合には、出展企業及び顧客企業への通知又は UQ chem 上での告知を経ずに、 本サービス全体の提供を長期的に中断もしくは終了することができるものとします。
3. 運営会社は、出展企業及び顧客企業への事前の通知なしに、任意の理由で本サービスの変更又は一時的な中断を行うことがあります。

第9条(利用制限・登録抹消)
1. 運営会社は、出展企業及び顧客企業が本規約に違反したと判断した場合、当該出展企業及び顧客企業に 事前に通知することなく登録を抹消し、又は本サービスの全部又は一部の利用を一時停止させることがあります。
2. 運営会社は、出展企業及び顧客企業が利用登録後に第3条第4項各号の事由に該当することを知った場合、 当該出展企業及び顧客企業の利用登録を抹消することができます。

第10条(出展企業及び顧客企業による登録抹消)
1. 出展企業及び顧客企業は、本サービスの利用を停止したい場合、運営会社所定の方法により利用登録の抹消を行うことができます。
2. 出展企業及び顧客企業が利用登録を抹消した場合、登録情報等の運営会社への掲載情報及び UQ chem 上に 掲載した情報は運営会社の裁量に基づき削除されます。

第11条(提供、登録、掲載情報の著作権)
1. 出展企業及び顧客企業が本サービスを利用して提供、登録、掲載した情報(以下「提供情報」といいます。) の著作権、著作隣接権、著作者人格権(以下「著作権等」といいます。)は、運営会社又は第三者に著作権等 が帰属するものを除き当該出展企業及び顧客企業に帰属します。
2. 出展企業及び顧客企業は、運営会社に対し、提供情報に他者の秘密情報が含まれておらず、かつ、提供情報が 第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。万一、第三者との間で何らかの紛争が発生した 場合には、当該出展企業及び顧客企業の費用と責任において問題を解決するとともに、運営会社に何等の迷惑 又は損害を与えないものとします。
3. 出展企業及び顧客企業は、運営会社に対し、提供情報を、UQ chemのために日本国内外を問わず無償で無期限に 使用する権利(第三者に対して上記各権利を再許諾する権利も含みます。)を許諾します。出展企業及び顧客 企業は運営会社及び運営会社が権利を再許諾した第三者に対し、著作者人格権を行使しません。

第12条(秘密情報の取り扱い)
1. 運営会社並びに出展企業及び顧客企業は、本サービスの利用又は提供に伴い知り得た他社(以下、「開示企業」 といいます)の営業上、技術上その他の秘密情報(以下「秘密情報」といいます)を厳に秘匿するものとし、 これらを第三者に開示又は漏洩し、又は本サービスの利用又は提供以外の目的に使用してはいけません。ただし、 次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りでないものとします。
(1) 事前に開示企業の書面による同意を得た場合
(2) 当該情報が開示企業から開示を受ける前から公知の事実である場合
(3) 当該情報が開示企業から開示を受けた後に自らの過失無く公知の事実となった場合
(4) 当該情報を開示企業から開示を受ける前から既に知っていた場合
(5) 開示企業から開示を受けた後に秘密保持義務を負うことなく他の正当な手段で入手した秘密情報であることを証明した場合
(6) 開示企業の情報によらずして独自に開発した情報であることを証明した場合
2. 前項の規定にもかかわらず、運営会社は、自身の子会社に対して、秘密情報を開示することができます。 ただし、運営会社は、前項の義務と同等の義務を事前に当該子会社に課すとともに、当該子会社による当該義務の 違反につき、当該子会社と連帯して責任を負うものとします。

第13条(個人情報の取り扱い)
1. 運営会社は、出展企業及び顧客企業が提供した個人情報を、以下の各号の目的で利用できます。
(1) 本サービスのユーザー認証
(2) 本サービスに係る通知、顧客企業に対するメールマガジンの配信
(3) 他の出展企業及び顧客企業への本サービスの提供
(4) UQ chemの運用上必要となるデータのバックアップ保管
(5) 別途ご同意いただいた出展企業及び顧客企業への取材、アンケート等の連絡
(6) 本サービスに関するご意見、お問い合わせへの回答
(7) 出展企業及び顧客企業に対する、UQ chemの運営に著しく影響を及ぼす事柄(本サービス内容の大幅な変更、一時停止を含みますがこれらに限られません)に関する連絡
(8) 本サービスの向上、関連事業開発及び提携企業のマーケティング等の目的での登録情報の集計及び分析並びに運営会社の子会社への提供
(9) 前号の集計及び分析等により得られたものについて、個人を識別又は特定できない態様での第三者への開示又は提供
2. 本条に定めのない事項については、運営会社所定の個人情報保護方針に基づき取り扱います。また、出展企業 及び顧客企業はUQ chemを利用することでこれに同意しているとみなします。

第14条(不保証)
本サービスにあたり、運営会社は以下の各号について、いずれも保証するものではありません。
(1) UQ chemの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと
(2) UQ chemから得られるすべての情報等が正確、最新、有用、適法なもので第三者の権利を侵害しないものであること
(3) 本サービス及び本サービスを通じて入手した化学品等の情報が出展企業及び顧客企業の期待を満たすものであること

第15条(免責)
UQ chemの利用から生じる一切の損害(事業の中断、精神的損害、又はその他の金銭的損害や損失、費用を含む 一切の不利益をいい、以下、「損害等」といいます)に関して、運営会社は責任を負いません。また、下記の各 号の損害についても、直接的か間接的であるかを問わず、運営会社は一切責任を負いません。
(1) 本サービスの提供の一部又は全部が変更、中断、終了することによって発生した損害等。
(2) 通常講ずるべき対策では防止できないウィルス被害と不正アクセスによる被害、天変地異による被害、 疫病の流行による損害、その他運営会社の責によらない事由による損害等。
(3) UQ chemからUQ chem以外のサイトやリソ-ス(以下、「外部サイト」という)へのリンク、 又は外部サイトからUQ chemへのリンクのいずれかがなされている場合における、 当該外部サイトの利用に関する責任及びこれら外部サイトに起因又は関連して生じた損害等。

第16条(損害賠償)
1. 運営会社又は出展企業及び顧客企業が、本規約に違反し、相手方に損害が生じた場合の損害賠償については、 本規約に定めるほか法令の定めに従い、これによって生じた損害の賠償を請求することが出来る。
2. 前項に基づき負うべき損害賠償の範囲は、通常かつ直接の損害に係わるものに限られ、逸失利益及び特別損害 については、予見することができたもののみ含まれるものとします。

第17条(反社会的勢力の排除)
1. 出展企業及び顧客企業は、自己並びにその役員及び主たる株主が反社会的勢力等に該当しないこと、及び次の 各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1) 反社会的勢力等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 反社会的勢力等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社 会的勢力等を利用していると認められる関係を有すること
(4) 反社会的勢力等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5) 役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. 出展企業及び顧客企業は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 本サービスの利用に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

第18条(利用規約の変更)
運営会社は本規約を随時変更することができるものとします。変更内容についてはUQchem上に1か月間表示する ことにより出展企業及び顧客企業へ周知します。本規約の変更は、UQ chem上で変更後の規約を掲示した日から 1か月経過した日から発効するものとします。

第19条(準拠法及び管轄)
1. 本規約の解釈及び適用は、日本国法に準拠します。
2. UQ chem及び本サービスに関わる訴訟については、被告の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
2021年12月20日掲載